出水市ツル観察センター

出水の鶴

11月1日から翌年3月第4日曜日まで期間限定でオープンします。

ねぐらとなる干拓地に面し、2階展望室や屋上展望所からはツルの優雅な舞や、エサをついばむ姿が観察できます。

観察センターは1階が売店及びカフェ、2階と屋上がツル展望所になっており、ツルに関して学べる資料の展示スペースもあります。

 

毎年10月中旬になると、シベリアから特別天然記念物に指定されているツルの第一陣が渡来し、約1万羽を超えるツルが、3月頃まで越冬します。

出水のツルは、主にナベヅルとマナヅルで、ここ数年は1万羽以上の羽数が確認されています。

これだけの数が人里近くで越冬するのは世界中でも珍しく一見の価値あり。

 

この会場のイベント情報